活動報告

がんライフアドバイザー研修会

がんライフアドバイザー協会が定期的に開催している研修会。

今回の講義は、がんライフアドバイザーの丸畑雄司氏による「がんライフアドバイザー®がんになる」。
社会保険労務士、社会福祉士、CFP®、精神保健福祉士など、あらゆる資格を持ちながら、医療機関に勤務され相談員をされている丸畑さんが、「全身から沸き起こる漠然とした不安を感じてた」と、昨年の胃がん手術と抗がん剤治療の経験をお話くださいました。

相談を受けるがんライフアドバイザーとして、
「相談者にアドバイスをしているが、理解者と思われているのか振り返りも大事」
という丸畑さんの言葉。
そうおっしゃる丸畑さんの言葉の裏には、患者さん側を経験して気づいた、本人しか分からない心身のしんどさがあるからだと思います。

本人ではないとそのしんどさは分からないことは承知の上で、それでも患者さんの気持ちを汲み取りながら、寄り添いながら、専門家としてできるアドバイスをしたいと思っています。

そして、その気持ちが患者さんに伝わるくらい、誠心誠意応じていこうと改めて感じたのは、事例検討会でした。
がんになった方の就労支援。
がんライフアドバイザーのメンバーが発表くださった、患者さんの復職の支援をしているその経緯やその想いは、本当に素晴らしいものでした。

日々、それぞれの職場でがん患者さんの支援をされている医療・介護従事者の方が、一緒に学び、意見交換をする。
患者さんが笑顔になってくれることを思い描いて、仲間と共に自分自身をもっと深めたいという思いを持って。
そんな研修会をこれからも続けていきたいです。

参加は医療・介護従事者の方であれば、どなたでも参加できますので、関心を持って下さった方は、一般社団法人がんライフアドバイザー協会までご連絡くださいませ。
医療・介護従事者向け研修会・イベントのお知らせ一般向け研修会・イベントのお知らせ

医療者・介護者の方へ。がんライフアドバイザーは医療従事者対象の資格です。
がんライフアドバイザーの通信講座。無理なく自宅で資格取得!わかりやすいテキストが好評
患者さんアンケートにご協力ください。
がんライフチャンネル
ページ上部へ戻る