初級がんライフアドバイザー®通信講座

現在、初級がんライフアドバイザー®通信講座のお申込み受付準備中です

初級がんライフアドバイザー®通信講座とは

がんと共に生きる時代になった今だからこそ、がん患者さんは、生きるためのお金や仕事の悩みを抱えていますが、社会的支援制度や経済的補完に関する知識を備えていなければ、その心の声に気づくこともできません。まずは基礎的な知識を習得するところから始める、当協会が定めたオリジナルのカリキュラムとなっています。

日頃からがん患者支援に携わっている一流の専門家が作成したテキストで、ご自身のペースで隙間時間にPCやスマホなどで学習し、最後に在宅で筆記試験を受け、合格すれば、初級がんライフアドバイザー®に認定いたします。

※こちらの講座は、がんライフアドバイザー協会正会員対象です。
受講申し込み時には協会への入会が必要です。

初級がんライフアドバイザー®通信講座の5つのポイント

1. 会員資格と受講が同時に

お手軽価格19,800円には、当協会の入会金及び年会費と講座受講料、認定試験受験料がセットされたお得な金額です。

2. 隙間時間にスマホやタブレットで学習可能

通勤・通学途中、仕事の休憩時間など空いた時間をフル活用。テキストをデジタル化しているため、スマホやタブレットで学習でき、印刷も可能です。音声機能にも対応しており、耳からも学習できます。

3. スケジュール管理が容易

学習を溜めてしまわぬよう、テキスト類の送付は月2回、項目ごとにメールで送信します。自己管理が苦手な方でも、学習スケジュールを立てやすくなっています。

4. 相談経験豊富な専門家が作成した教材

当協会に寄せられた相談をもとに、必要な知識をピックアップし、基礎から丁寧に解説しています。実際にがん患者の相談を受けている専門家が作成しているため、相談に役立てられるようなポイントがまとまっています。

5. 認定試験に向けてのフォロー

受講期間中、学習を進める中で、分からないことや疑問に思うことが出てきたら、メールにて質問対応します。受講修了時の初級がんライフアドバイザー®の認定試験に自信を持って臨んでいただけたらと思います。受講修了時の試験に合格した方は、初級がんライフアドバイザー®に認定します。

初級がんライフアドバイザー®通信講座での学習内容

第1項 がん患者の現状(問題点・国のがん対策など)

第2項 がんと診断された患者への支援(高額療養費制度・民間保険・仕事との両立支援など)

第3項 働けない患者への支援(傷病手当金・障害年金・退職支援など)

第4項 年金受給患者への支援(老齢年金・介護保険など)

第5項 長期にわたり治療を受ける患者への支援(お金の整理・福祉制度など)

第6項 余命を生き抜く患者とその家族への支援(後見制度・遺族年金など)

初級がんライフアドバイザー®通信講座のスケジュール

申込

医療従事者・介護従事者もしくはそれらの資格を取得中の方に限ります
受講には1MBのPDFファイルが受信、閲覧できるメールアドレスが必要です

受講登録完了通知

当協会事務局よりメールにて、あなたの受講スケジュールをお知らせします
初級がんライフアドバイザー®認定試験受検候補日を提示しますので、ご都合に合わせ選択してください

通信講座受講

毎月2回、項目ごとにメールにてテキスト類を配信します
配信期間は3ヶ月間です
配信終了後、最大3ヶ月間は在籍でき、その間に初級がんライフアドバイザー®認定試験を受検します

初級がんライフアドバイザー®認定試験

当協会事務局から、選択した日に登録した住所に試験問題を郵送し、在宅試験となります解答し、試験到着の翌々日まで(消印有効)に、一般社団法人がんライフアドバイザー協会まで返送します
認定試験は、学科試験50問と実技試験(相談事例に対しアドバイスを記述)です

合格者には「初級がんライフアドバイザー®」認定

合格基準は学科試験、実技試験ともに7割以上です
合格者には、初級がんライフアドバイザー®の認定証を送付します

医療者・介護者の方へ。がんライフアドバイザーは医療従事者対象の資格です。
がんライフアドバイザーの通信講座。無理なく自宅で資格取得!わかりやすいテキストが好評
患者さんアンケートにご協力ください。
がんライフチャンネル
ページ上部へ戻る