活動報告

第8期がんライフアドバイザー養成講座

1日目

5月9日(日)午前9時、オンラインでの第8期がんライフアドバイザー養成講座がスタートしました。
今期は15名。
オンライン開催のおかげで、北海道、北陸、東海、関西からの受講者の皆さんとつながることができました。

『がんと生活設計』の講義の中で、医療費控除については、税理士の飛多朋子先生をゲストティーチャーにお招きして、実務の視点からのアドバイスをいただきました。
高額療養費は、とても奥が深いうえに、療養中のがん患者さんの支援に必須となるであろう制度です。
7月の『社会保障』で学ぶ前に、基礎的な部分を1時間ほどかけてお話ししました。

今後も、医療や介護の現場ですぐ使える知識やノウハウを、相談事例をたくさん交えながらお伝えし、そしてグループディスカッションなどで受講者の皆さんのコミュニケーションを大事にしながら、オンラインでの講義を進めていきたいと思っています。

第8期がんライフアドバイザー養成講座は、毎月第2日曜、9月まで続きます。
今期も皆さんが満たされた笑顔で終えられますように。

 

2日目

先月より月に1度、全5回で開催のがんライフアドバイザー養成講座は、本日、第2日目を開催しました。
午前は『がんと保険』を4時間。
講師は代表の川崎が務めました。
保障の内容が読み取れるよう、ご自身が加入されている保険証券を手元に置いて、民間保険の基本から保険の活用法をお伝えしました。
また、給付金がおりなかった、とか、意外とこんな時にも給付金がおりた、とか、代表の川崎がご相談を受けたがん患者さんの民間保険の請求に関する事例もご紹介しました。
がん経験者が再発転移を考えた時、どのようなことに経済面の不安を感じ、どのような保障があれば安心できるのか…医療現場、介護現場で活躍されている受講者の皆さんから、貴重なご意見をたくさんいただけたのは、私共にとっても大きな学びとなりました。
午後は『相続と贈与』を3時間。
講師は生活経済ジャーナリストで大腸がんサバイバーのいちのせかつみ氏。
相続の法律だけでなく、遺言書の書き方や、相続にまつわるお金の考え方についても講義をしていただきました。
ある方の遺産の分割についてディスカッションしたことで、家族を困らせないように、ご自身の遺すお金についても考えるきっかけになったのではないでしょうか。
来月は「社会保障」と「がん医療」についての講義になります。
ボリューム満点の講義内容、また楽しみです。

医療者・介護者の方へ。がんライフアドバイザーは医療従事者対象の資格です。
がんライフアドバイザーの通信講座。無理なく自宅で資格取得!わかりやすいテキストが好評
患者さんアンケートにご協力ください。
がんライフチャンネル
ページ上部へ戻る