活動報告

地域医療連携わかやまネットワーク実務者の会

和歌山県立医科大学附属病院には、院内スターバックスの前に相談支援センターがありました。

和歌山県立医科大学附属病院で開催された、地域医療連携わかやまネットワーク実務者の会で講演する機会をいただきました。

『療養を支えるお金の処方箋』
事例を用いて、お金の不安を抱える患者さんに対してアドバイスできる手立てをお伝えし、患者さんの傍にいる方々によるタイムリーな支援をお願いしました。
MSWや看護師など70名ほどの方が参加され、終始熱心に耳をかけてくださいました。

実務者の皆さんの前でお話するというプレッシャーも大きい講演でしたが、がんライフアドバイザーの仲間に助けてもらい、楽しくあっという間の1日となりました。
皆さん、ありがとうございました。

医療者・介護者の方へ。がんライフアドバイザーは医療従事者対象の資格です。
がんライフアドバイザーの通信講座。無理なく自宅で資格取得!わかりやすいテキストが好評
患者さんアンケートにご協力ください。
がんライフチャンネル
ページ上部へ戻る