活動報告

コープ共済連 関東甲信越静ブロック研修会「事例から学ぶ、利用できる公的制度とがんライフ」

NPO法人Wco.FPの会 Facebookより転載

—–

コープ共済連 関東甲信越静ブロック研修会
2020年2月17日 コープ共済連京橋事務所
「事例から学ぶ、利用できる公的制度とがんライフ」
講師 川崎由華氏(一般社団法人がんライフアドバイザー協会代表理事)

もしがんになったらあなたは…、と問いかけられたら、多くの人が「怖い」と感じます。それだけでなく実際にはがんになったら、お金や仕事についての相談が多く寄せられているそうです。私たちも学習会で紹介する「高額療養費制度」も、実例に合わせてこんなふうに説明すればとてもわかりやすい!また会社や家族との関係性なども様々。がんライフアドバイザーとしての相談事例をたくさん持っていらっしゃる先生のお話は参加者にも感じるところが多かったようです。

午後は、感想交流と活動交流を行いました。それぞれの生協に持ち帰り、これからの活動にぜひ役立てましょう!

—–

講演をご紹介くださり嬉しいです。
ご縁をいただいたこと、そして熱心に聞いてくださったことに心から感謝です。
講演中、床にコードを通していた穴にヒールがはまるというハプニングも、皆さんに笑ってもらえて救われました。

医療者・介護者の方へ。がんライフアドバイザーは医療従事者対象の資格です。
がんライフアドバイザーの通信講座。無理なく自宅で資格取得!わかりやすいテキストが好評
患者さんアンケートにご協力ください。
がんライフチャンネル
ページ上部へ戻る